投稿

2chに画像を簡単に投稿できるアプリ imgurアップローダー

イメージ
2chを見ていると良く「画像のアップロード方法がわかりません」と書かれていることがあります。

今日は簡単に2chに画像をアップロードできるアプリを紹介しておきます
このアプリはスマホすでにスマホに保存されている画像をアップロードして画像リンクを得ることに特化したアプリです。

撮ったものをアップロードするためのアプリです

大事なことなので2度言いました


アプリのダウンロード PCから→ imgurアップローダー
Andoroidアプリは下のQRからダウンロード


ダウンロードしたアプリを開く
下の画像で言えば右上にあるimgurアップローダーをタップ



アプリを開いたら「画像選択」をタップ



スマホに保存されている画像の一覧が表示されます



アップロードしたい画像を選択
アップロードを待って




完了
下のリンクマークをタップすると
クリップボードにURLがコピーされているので




そのまま2Chの任意の掲示板に行って貼り付け
簡単にURLが張り付けられます。


最後の.pngや.jpgがちゃんとついているので2ch上でもサムネイルが表示されます

簡単に2Chへ画像が貼れましたね


通話時間5分を計ってくれるスマホアプリ

イメージ
たまたま良く見に行っているブログで紹介してくれてたので私も使っていますがインストールして初期設定しておくだけで五分以上の通話を防止してくれるアプリがあるんですね
通話時間タイマー』←Andoroidスマホからご覧の方はこちらをクリックでダウンロード
5分たつと自動で終話してくれるので子どもさんのスマホにインストールしておくととても便利で経済的です。 無料で使用が可能ですが設定画面時のみ広告が表示されます。 最初に設定するだけなのでほぼ見ることがないので設定時にはぜひ一つくらいは広告をクリックしてあげてアップデートを続けてもらえるように祈りましょう。
設定項目は超簡単でそろそろ時間になりますよと言う通知時間
強制終話する終話時間の二つです。
私の場合は通知時間が4分30秒、終話時間が4分50秒になってますね。 これが初期設定だったのか私が設定したのかは忘れてしまったのですがここで設定した時間になると勝手に終話してくれます。 もっと話したかったら「ごめん変なところ押しちゃった」「電波悪かったね ゴメンね」って掛けなおせばいいだけです。
途中で切れたらダメな通話先がある場合も設定が可能です 画面をスライドするといくつかのページがあります


拡張設定のページに ・監視所外:強制終了させない連絡先設定。フリーダイヤルなども設定可能 ・起動時設定:お知らせなどのOn、Off設定 ・終話設定:終話時にリダイヤルさせるなどの設定が可能 ・表示設定:画面表示の詳細設定 ・監視履歴設定:このアプリを入れてどの番号で何分話したか履歴の設定 ・着信設定:着信時にもアプリを起動させるかどうか設定が出来ます。 ・その他の設定:省エネモードなどの設定が出来ます。
いろいろ細かな設定ができる便利なアプリですがほぼ初期設定のままで使用していても特に問題なく利用できるますよ
子どもさんだけではなく大人さんでも5分間の通話は無料っていう料金契約されているスマートフォンをご利用の方はおすすめです。
私もさすがに仕事用のスマホはカケホーダイですがプライベート機はこちらが非常に役立ってくれています。
どうせ無料なので ぜひどうぞ~
GooglePlay 「通話時間タイマー


P・S  このような無料アプリの場合興味がある広告があったらたまには覗いてみてあげてくださいね。せっかくの良いサービスなのに収入が無…

説明書などの英語をかんたんに翻訳する方法「Google 翻訳」

イメージ
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.apps.translate&hl=ja最近は通販などで海外製品に行き着くことも多くて説明書が英語だったりすると何書いているかわからないですよね

WEBサイト等であればブラウザの設定で翻訳機能がついているのである程度は丁寧に機械翻訳できるのですが説明書などの書面の場合はいちいちキーボードを使って打ち直すのも面倒くさいです。

英語の説明書を翻訳する方法をご紹介します。英語だけではなくて中国語など37言語の翻訳が可能です。

しかも無料で

翻訳に使うアプリをインストールする。ここではAndoroid端末を使って説明していますがiOSアプリもありますよ

使うアプリは「Google 翻訳」
GooglePlay(iOSはAppStore)からダウンロードできます。


パソコンから(Googleアカウントでログインしている方)
Andoroidの場合はこちら→ 「Google 翻訳」

上のリンクからGooglePlayを開くとインストールと書かれているところをクリックすると使用できる端末が表示され希望の端末にインストールすることが出来ます。
インストールできない場合はGoogleのサイトにログインできていません。


スマートフォンからダウンロードする パソコンのログインが手間かかるのならスマートフォンからGooglePlayを開き「Google翻訳」を検索します。
見つけたらダウンロードをぽちっとな
簡単にインストールできます。

iOSにインストール(パソコンから場合はこちら)→    「Google 翻訳」
iPhonから検索してもダウンロードが可能です。

Google翻訳の使い方Google翻訳(アプリ版)ではいろいろな翻訳方法があります。 まずは最初にお伝えした説明書などの書面を翻訳する方法
左にある画像がアプリを起動した状態
翻訳したい言語を設定します。

左が翻訳元の言語 ここでは英語
よくわからない言語の場合は「言語を検出する」に設定
日本語に変更したい場合は右側が日本語になるように設定

通常はタップしてテキストを入力で調べたい単語や文章を入れれば即変換してくれます。

今回はそんなめんどくさい事をしなくても出来る方法なので

カメラモード翻訳 「タップし…

スマホの画像や動画のバックアップはGoogleフォトが良い理由

画像データーは壊れやすい まず知っておいておきたい事はスマホやスマホに挿しているSDカードはいつデーターが壊れるかわかりません。
壊れたら復旧できる場合もありますが業者価格で2桁万円する場合もありますし、復元できない場合もあります。
インスタに上げるために撮った画像ぐらいならいいかもしれませんが赤ちゃんなどの思い出画像がすべて無くなってしまった目も当てられません

実際に知り合いのうどん屋さんが壊したわけでなく壊れてしまって業者に頼んで20万円以上料金を支払ったようです。(先に言ってくれれば…)

そのような事にならないようにこまめなバックアップをしておくのが写真管理術なのですが皆さんはどういったバックアップをされていますか?
おすすめな無料サービス「Googleフォト」 数ある画像のバックアップサービスの中でも一番おすすめなのが「Googleフォト」
キャリアに縛られず容量無制限です。
ただし元の画像サイズを保持しておきたい方は対象外です。

高画質(2Lサイズでの印刷には十分)に圧縮して保存されるので容量オーバーとなる事はありません。

Googleアカウントさえ作ればiOSでもAndoroidでもPCにある画像でも誰でも無料で受けられるサービスです。

大切なことは一つだけアカウントのメールアドレスとパスワードを忘れないようにしておくだけ

保存可能なデータ 1600万画素までの写真や動画はすべて無料
小さいお子さんやペットがいる家庭では動画もたくさん撮ると思います。
スマホの中の動画も1600万画素までは無制限で保存ができるんですね。
1600万画素がよくわからなくても自動で圧縮してくれるので気にする必要はございませんお客様。
ワンポイント
動画などを高画質で大量保存しておきたいときはYoutubeにアップロードして非公開にしておけばいいですよアプ主さんは後からダウンロードも出来るので必要なものだけダウンロードすれば大丈夫です。(今度詳しく書いてリンクしますね)
Googleフォトの便利なサービス アルバム機能 運動会でとった写真をまとめてそれのみ見たい場合がありますよね
Googleフォトの機能でアルバムを選んで好きな写真を選んでまとめることが出来ます。 顔認識機能 被写体から同じ人物を選んでまとめてくれます。兄弟などは見分けられない時もありますが無料なので文句言わ…

ペットや赤ちゃんの見守りに不要になったスマホを利用できる

イメージ
使わなくなったスマホやタブレットを使ってIPカメラ変わり利用できる無料アプリのご紹介です。
動体検知対応でアラートと共に手元のスマホにもお知らせが届くのでお家で赤ちゃんがお昼寝中ちょっと用事を済ませる時に起動さえしておけ赤ちゃんが起きて動き出したらすぐにお知らせしてくれますよ
また、留守の時の見張りやペットの留守番時が心配な方にも簡単な設定で使用できます。
必要なのは撮る側のスマホと見る側のスマホだけ
あとは両方のスマホに下にあるリンクから無料アプリをダウンロードしてインターネットが利用できる環境に置いておくだけ。(googleのアカウントが一つ必要です・無料)

起動さえしておけばモニタリングしていなくても動体検知機能で動きがあれば自動的に録画も開始してくれます。

無料なのに至れり尽くせり
上げ膳据え膳ですね

最後に詳しい設定方法をのせておきますね



見守りアプリAlfred

アプリの使い方 使用環境 不要になったスマホ(タブレット)もインターネットを利用できる環境が必要です。
Simが無くても家庭のインタネットに接続出来れば使用が可能です。
電源は入れっぱなしなので長時間利用の場合は家庭用のAC電源などから電源を取る必要があります。使用時間によってはモバイルバッテリーなどでも可能です。
準備 Googleアカウントを利用して第三者が見れない環境を作ります。 Googleアカウントをお持ちでない方は無料で作成できますのでGoogleアカウントを作成しておきましょう。家族でアプリを利用する場合も1つアカウントを追加して共有しましょう。
アプリのダウンロード
上のリンクからアプリをそれぞれのスマホ(タブレット)にダウンロードします。

契約していない不要になったスマホは家庭のWifiに接続してからダウンロードしましょう。

それぞれアプリを起動してGoogleアカウントでログインします。
見る側のスマホかとる側のスマホかを指定するだけです。

あとは起動している間は(バックグラウンドでも)動体検知すれば動画を撮影してくれたりお知らせを届けてくれます。

簡単な操作なのですぐになれると思いますよ
詳細は上のリンク内に日本語で書かれていますのでCheckしてみてください。

ぜひ利用してみてください